読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かめちゃんのブログ

おやつを食べながら気ままに読めるブログ

2015年10月からNHK将棋講座「渡辺流 勝利の格言ジャッジメント」が開始

「NHK将棋講座 2015年10月号」電子書籍版を購入しました。
日曜午前中にEテレで放送中の「将棋フォーカス」の将棋講座のテキストです。
2015年10月から新講座「渡辺流 勝利の格言ジャッジメント」が始まります。
講師は渡辺明棋王です。

講座の内容が気になってテキストを購入しましたが、期待できる内容のようです。
内容を簡単に紹介します。

[講座の流れ]
1. 最初に「今週取り上げる格言」を4つ、順不同で並べます。
2. 冒頭の図は過去のNHK杯戦からの出題です。
 4つの格言のうち、どれが当てはまるかを考えながら解いてみてください。
3. 順番に格言を紹介し、考え方や活用方法を紹介します。
4. それぞれの格言の有効性を判定(ジャッジメント)します。
5. 最後に、冒頭の問題の解答と解説を行います。

10月は、歩にまつわる格言
初回10月4日:歩にまつわる格言~攻めの巻~
・三歩持ったら端攻めを考えよ
・三歩持ったら継ぎ歩に垂れ歩
(残り2つの格言は省略)

問題では、先手の持ち駒は歩が2枚しかないです。
最初の2つの格言が消えるサービス問題じゃん。
と思ったら、解説によれば、歩が2枚では無理と諦めずに盤上の歩を取って三歩にすることも考えないといけないそうです。
高度な引っかけ問題でしょうか?果たして正解は?


【リンク】
将棋フォーカス |NHK囲碁と将棋:


(追記2015年10月4日)
本日、Eテレ将棋フォーカスで講座の第1回が放送されました。
放送内容は、4つの格言を大盤で解説して、格言のジャッジをしていました
NHK将棋講座はテキストがメインで、放送はサブなのですね。
時間の制約で、テキストの内容を全て解説できないのでしょう。
将棋講座テキストを読んで、放送で駒の動きを確認する方法で学習したいと思います。