かめちゃんのブログ

おやつを食べながら気ままに読めるブログ

橋本梨菜写真集『RINA×BLACK』(直筆サイン本)

ワニブックスの公式ショッピングサイトのワニブックス スペシャルエディションで「橋本梨菜写真集『RINA×BLACK』(直筆サイン本)」を購入しました。

橋下梨菜さんのキャッチコピーは「なにわのブラックダイヤモンド」で、大阪出身の黒いグラドルです。

ビーチでの撮影が多くて、明るい表情の夏向きの写真集ですね。

 

注文:6月8日(金)夜 ※発送は2週間程度かかる。送料820円必要。

発送連絡メール:6月15日(金) 19時頃

配達:6月16日(土)午後

 

写真集に掲載写真と同じ生写真が1枚付いていました。

サインは書籍の最初の真っ白なページに大きく書かれていました。

文字は読めないですね。(ハートとRINAのくずし字かな?)

 

オークションでタレントのサイン本が多く出品されていますが、写真の上に書いた物が多いです。

タレントにとって自分の作品をサインを書いて汚すのは、あり得ないことなのでしょう。

作品の上にサインがしてあるものは偽物と思って良いでしょうね。(少数の例外はあるかも?)

偽物の出品者はサインと本の2枚の写真をアップする必要がなく、1枚の写真で済みますし。

 

 

【リンク】

ワニブックス スペシャルエディション
http://wani-special-edition.com/

ワニブックス公式ショッピングサイト

HTML5+JavaScriptで将棋対局プログラムを作ろう

日経ソフトウェアの人気記事を収録した書籍「いろいろ動かしながら学ぶ!プログラミング入門」

興味深い記事が多いので電子版を購入しました。

 

この書籍に「HTML5JavaScriptで将棋対局プログラムを作ろう」が掲載されています。

日経ソフトウエア2017年11月号より

ブラウザで動く将棋盤のプログラムを解説した記事です。

コンピュータとの対局のプログラム解説ではないのですが、将棋盤を作るのがコンピュータ将棋プログラムの最初の一歩でしょうね。

実行はPCのブラウザだけでなく、スマホのブラウザでも実行できます。

AndroidiOSで動作確認済み。PCはマウス操作、スマホはタッチ操作です。

 

将棋プログラムを実行するには、ZIPファイルが日経ソフトウエア2017年11月号のページからダウンロードできます。

Shougi1711.zipをダウンロードして、解凍後のフォルダ内の shogo.html ファイルを開くと、ブラウザで将棋盤が表示されて駒の操作ができます。

iOSでの実行は、他のOSで解凍済みのフォルダをDropboxに保存して、iOSDropboxアプリでshogi.htmlを開きました。

 

書籍には他にも興味深い記事が多いです。

  • ゲームで学ぶプログラミング:ゲーム配信サービスSteamで配信されている、プログラミングが学べるゲームを5作品紹介。(Human Resource Machine、SHENZHEN I/O、Screeps、MHRD、LogicBots)
  • 自分で作るブロックチェーンと仮想通貨:イーサリアムというブロックチェーン/仮想通貨の基盤ソフトを使って、自分用のブロックチェーン/仮想通貨システムを構築。

 

 

【リンク】

いろいろ動かしながら学ぶ! プログラミング入門 - 日経トレンディネット
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pcmedia/175/032000018/

 

日経ソフトウエア 2017年11月号 - 日経トレンディネット
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pcmedia/174/120400004/

HTML5JavaScriptで将棋対局プログラムを作ろう」(Shougi1711.zip)ダウンロード

 

 

究極の囲碁上達ツール アルファ碁Teach完全ガイド

2018年07月24日発売予定「究極の囲碁上達ツール アルファ碁Teach完全ガイド」(大橋拓文 著、マイナビ出版)

2017年12月、「アルファ碁Teach」という学習ツールが公開されました。
アルファ碁Teachは、6000パターンの布石に対するアルファ碁の候補手と評価値を示したもので、リリース当初から大きな話題になりました。

(中略)

本書は、囲碁AIに造詣の深い大橋拓文六段が、アルファ碁の候補手や判断をアマチュア向けにやさしく解説したものです。

 

「アルファ碁Teach」のような囲碁の学習ツールが公開されていたのは、本書の発売予定で知りました。

ブラウザで公式サイトにアクセスすると、囲碁盤が表示されて中央と右上部にボタンが表示されます。

AndroidiOSのブラウザで試すと、ボタンが表示されるまで少し時間がかかる事がありますね。

ボタンをクリックして石を置くと、AlphaGo による黒番側の勝率予測が表示されますが、解説がないので初心者には良し悪しの意味が分からないですね。

本書は囲碁学習で役に立ちそうなので、購入予定です。

マイナビ出版の本は電子書籍化される事が多いので、電子版が発売されるのなら電子版を購入したいと思っています。

 

 

【リンク】

究極の囲碁上達ツール アルファ碁Teach完全ガイド | マイナビブックス
https://book.mynavi.jp/ec/products/detail/id=90979

本書の紹介ページ

 

AlphaGo 学習ツール: 新たな囲碁の楽しみを
https://alphagoteach.deepmind.com/ja

アルファ碁Teach 公式サイト

この学習ツールは、人間同士が打った 231,000 局と、AlphaGo と人間が対局した 75 局の棋譜データを基に、囲碁近代史における6,000種類 の布石パターンを分析することができます。

黒猫のヨンロがiOS11に対応して再公開

四路盤の詰碁アプリ「黒猫のヨンロ」が、iOS11に対応してApp Storeで再公開されています。

iOS11リリースで32ビットアプリが起動しなくなり、「黒猫のヨンロ」は公開が中断されていました。

1週間前にiOS11対応のバージョン1.3が公開されたようです。

 

アプリ起動するとiPadでグラフィックがくっきりしていますね。

旧バージョンはiPadだと、小さい画像を引き延ばしたように少しボケていました。

ゲーム内容には変更はないようです。

購入済みの追加問題パックも復元できました。

 

前に「黒猫のヨンロ」のiOS11対応について日本棋院に問い合わせた時に、時期は未定ですが対応予定と回答が来ました。

日本棋院は有言実行ですね。

 

 

【リンク】

囲碁パズル「黒猫のヨンロ」 囲碁学習・普及活動  囲碁の日本棋院
https://www.nihonkiin.or.jp/teach/app/yonro/yonro02.html

プチコン4 SmileBASIC

本日発売の週刊ファミ通2018年6月7日号に、「プチコン4 SmileBASIC」スクープが掲載されています。

プチコン4 SmileBASIC」は、Nintendo SwitchでBASIC言語でプログラムが作れるソフトです。

2018年秋発売予定(開発状況40%)で、ダウンロード専用ソフトだそうです。(価格未定)

 

前作は3DSで発売されていますが、プチコン4はSwitchのジャイロセンサー等を利用したプログラムが作成できるそうです。

前作よりプログラミング初心者に優しいソフトにしたいと、開発会社の社長が発言されています。

2020年から開始される小学校のプログラミング教育も考慮して、ビジュアルなプログラム環境とは異なる、未来のゲームプログラマーにつながるガチなプログラム環境を提供したいそうです。

プチコン4で未来のスタープログラマーになれるかも。

 

Nintendo Switchは静電式タッチパネルなので、3DSの感圧式よりソフトウェアキーボードでの文字入力が簡単でしょうね。

Nintendo SwitchはUSBポートがあるので、USBキーボードを使えば文字入力が更に簡単そうですね。

光BOX+で使っていたワイヤレスUSBキーボード(エレコム製)を、Switchに接続してみました。

ショップの検索で試すと、検索欄のソフトウェアキーボードが表示されるまでは、Joy-Conでの操作が必要でした。

ソフトウェアキーボードが表示されると、ワイヤレスUSBキーボードから普通に文字が入力できました。

 

市販のSwitch用キーボードで、キーボード左右にJoy-Conが接続できるタイプは便利そうですね。

プチコン4購入後にソフトウェアキーボードの使い勝手を確かめて、Switch用キーボードの購入を検討したいと思っています。

プチコン4で作成するゲームは、ジャイロセンサーを使ったマーブルマッドネス風ゲームはどうでしょうか。

プチコン4でコンピュータと対局できる将棋ソフトを作成して、どこまで強くできるかに挑戦するのも良いでしょうね。

 

 

【リンク】

petitcom4 official website.
http://smilebasic.com/petc4/

プチコン4公式サイト

 

プチコン4 SmileBASIC』が発表! Nintendo SwitchでBASIC言語によるプログラム作りが楽しめる【先出し週刊ファミ通】 - ファミ通.com
https://www.famitsu.com/news/201805/22157659.html

週刊ファミ通の記事