読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かめちゃんのブログ

おやつを食べながら気ままに読めるブログ

9マス将棋

「9マス将棋」(幻冬舎エデュケーション)を購入しました。

プロ棋士青野照市九段が考案された、3×3の9マスで対局する将棋ゲームです。

特徴は駒の初期配置が、入門者向けの配置〜プロ棋士も考え込む配置まで全40通りあることです。

 

入っているもの

  • 駒16枚 (王玉が1枚、飛角金銀桂香歩が各2枚)
  • 盤1枚 (横14.5cm×縦19cm 厚み3mmの紙製)
  • 遊び方ガイド1冊 (32ページ、将棋ルールと駒の初期配置40通りの解説)

 

駒の初期配置

  • 例題 1通り
  • 入門 8通り
  • 初級 8通り
  • 中級 8通り
  • 上級 15通り(上級1-5通り、上級2-5通り、上級3-5通り)

 ※上級3がプロも考え込む配置図

 

通常の将棋盤で、9マスだけを使用して9マス将棋が遊べそうです。

駒の初期配置が掲載されているのが、本商品を買う価値があるのでしょうね。

2人で対局する商品ですが、1人で詰将棋のように検討するのにも使えます。

9マスの盤なら、頭の中の盤で駒を動かして検討できそうですね。

上級3の、相入玉の初期配置は驚きました。

千日手じゃないそうですが?

駒の初期配置は40通りですが、他にも面白い組み合わせがあるかも知れませんね。

それを考えるのも将棋のトレーニングになりそうです。 

 

【リンク】
9マス将棋 - 幻冬舎エデュケーション
http://www.gentosha-edu.co.jp/products/post-238.html